MENU
本サイトではプロモーションを含みます

【2023プロ野球戦力外通告】トライアウト結果とその後(高山優希・中山翔太・薮田和樹)

  • URLをコピーしました!

日本ハムOBの高山優希(たかやま・ゆうき)投手、ヤクルトOBの中山翔太(なかやま・しょうた)選手、元広島の薮田和樹(やぶた・かずき)投手の3名が「プロ野球戦力外通告2023」に出演決定しました。

大谷翔平選手が総額1000億円の大型契約を結んだかと思いきや、日本でも数十名のプロ野球選手が戦力外通告を言い渡され、絶望を味わっていますよね。

今回は「プロ野球戦力外通告2023」でトライアウト結果が紹介される高山優希投手・中山翔太選手・薮田和樹投手のその後や現在の状況を整理していきます。

目次

【2023年】プロ野球戦力外通告の出演者3名

https://twitter.com/udagawahi/status/1738036900446015857

高山優希投手(元日本ハム)・中山翔太選手(元ヤクルト)・薮田和樹投手(元広島)の3名が「プロ野球戦力外通告2023」の出演者にラインナップされています。

プロ野球戦力外通告2023の出演者

・高山優希(元日本ハム)
・中山翔太(元ヤクルト)
・薮田和樹(元広島)

高山優希(元日本ハム)

名前高山優希(たかやま・ゆうき)
生年月日1998年(平成10年)5月17日
年齢25歳(2023年12月時点)
出身地大阪府大阪市
身長/体重181cm/78kg
投打左投げ左打ち
ポジション投手
学歴城東小学校→城東中学校→大阪桐蔭高校
所属日本ハム→堺シュライクス

身長181cmの長身から150キロ近いストレートをバンバン投げ込んでいく本格派左腕の高山優希投手。

2016年のドラフト会議で日本ハムから5位指名を受けたものの、プロの世界で思うような成績を残すことができず、2020年から育成契約に格下げとなると、2022年オフに非情の戦力外通告を受けてしまいました。

2023年7月末に独立リーグ・堺シュライクスへと加入し、7試合登板で1勝を挙げた高山優希投手でしたが、シーズン終了をもって契約満了となり、堺シュライクスから再度戦力外通告を受けてしまったのです。

中山翔太(元ヤクルト)

名前中山翔太(なかやま・しょうた)
生年月日1996年(平成8年)9月22日
年齢27歳(2023年12月時点)
出身地大阪府大阪市
身長/体重185cm/95kg
投打右投げ右打ち
ポジション外野手
学歴城星学園小学校→本庄中学校→履正社高校→法政大学
所属ヤクルト→火の国サラマンダーズ

履正社高校時代、春の選抜高校野球にて準優勝の経験があり、東京六大学・法政大学に進学してからも強打の外野手として注目されていた中山翔太選手。

大学通算11本塁打の実績を引っさげる形でプロ入り(2018年ドラフト会議でヤクルトから2位指名)した中山翔太選手でしたが、周囲のレベルの高さについていけず、2022年オフに戦力外通告を受けています。

2023年に入ってからは熊本をフランチャイズにしている「火の国サラマンダーズ」の主軸として活躍していて、チームの4番打者を務め、チームの独立リーググランドチャンピオン優勝に大きく貢献しました。

薮田和樹(元広島)

名前薮田和樹(やぶた・かずき)
生年月日1992年(平成4年)8月7日
年齢31歳(2023年12月時点)
出身地広島県広島市東区
身長/体重188cm/85kg
投打右投げ右打ち
ポジション投手
学歴矢賀小学校→二葉中学校→岡山理科大学付属高校→亜細亜大学
所属広島カープ

「プロ野球戦力外通告2023」に登場する3人の中で最も実績があるのが薮田和樹投手で、2017年にセリーグの最高勝率のタイトルを獲得するなど、15勝3敗の好成績を残しています。

学生時代からケガに悩まされていたこともあり、2014年のドラフト会議で広島カープから2位指名を受けた後も好不調の波が激しく、2023年オフに戦力外通告を受ける形になりました。

【2023年】プロ野球戦力外通告のネタバレ!トライアウトの結果は?

NPB12球団からオファーは来なかったという悲しいネタバレになりますが、中山翔太選手がホームランをかっ飛ばすなど、「プロ野球戦力外通告2023」出演者3名のトライアウト結果自体は上々でした。

トライアウト結果は?

高山優希:奪三振2、被安打1(三塁打)
中山翔太:安打2、本塁打1(5打数)
薮田和樹:奪三振1、四球2

投手は3人の打者を相手にする形で、逆に打者は4人以上の投手と対戦しながら、守備にもつくという形式で行われた12球団合同トライアウト2023。

三塁打を打たれてしまった高山優希投手、2つのフォアボールを与えた薮田和樹投手は悔いの残るトライアウト結果に終わっています。

一方、中山翔太選手は笠原祥太郎投手(元DeNA)からレストスタンドにホームランを放つなど5打数2安打という素晴らしいトライアウト結果を残しました。

しかし、3人が最大の目標にしていたNPB12球団からのオファーを勝ち取ることはできなかったため、トライアウトの最終結果は不合格だったということになります。

【2023年】プロ野球戦力外通告の3選手の現在やその後は?

https://twitter.com/C33B38victory/status/1737147840198291720

中山翔太選手と薮田和樹投手はオイシックス新潟への入団が決定したものの、高山優希投手のその後は不明で、「プロ野球戦力外通告2023」3選手の中でも現在の状況で格差が生じてしまっています。

プロ野球戦力外通告2023出演者の現在とその後

・高山優希の現在とその後
・中山翔太の現在とその後
・薮田和樹の現在とその後

高山優希の現在とその後

「プロ野球戦力外通告2023」に出演した3名のうち、高山優希投手だけがその後の進路が決まっていない状況で、現在の所属先も未定のままです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次