MENU

コーヒーを飲んで眠気覚ましをする人はかなり多いけど、コーヒーを飲んでも全く眠気が飛ばないかも知れない人も存在している

  • URLをコピーしました!

これからの季節、受験勉強で毎晩遅くまで勉強し続ける人が増えてくる時期ですが、夜の方が集中出来ると言っても結局襲い掛かって来る眠気への対策は少ない気がするのです。

眠気を覚ますためによく飲まれるものの一つにコーヒーがありますが、効果がてきめんに表れる人は飲んで10分程度で目がシャッキリすると言われています。

中には15分後に効いて来たり30分程経たないと効果が出てこない人も居る様ですが、大抵の人はコーヒーを飲むと眠気が飛んでスッキリするのです。

所が、大抵の人の枠にはまらないコーヒーの効かない人も少ないながら存在しています。

完全に全く効果が無いと言う訳では無い様なのですが、効果が出るまでに数時間を要するそうなので、ほぼ効果が無いと言っても過言では無いかも知れませんね。

なので、周囲の人が眠い中目を擦りながらコーヒーを飲んでから勉強していると言う話を聞くたびに、同じ様にコーヒーを飲んで効果が表れるのを待つそうなんですが、他の同じタイミングで飲んだ友人がシャッキリ覚める中、全く眠気が飛ばなくて睡魔に任せて眠ってしまうとの事でした。

しかし、完全に効果が無い訳では無い数時間後に出る事があるタイプの人の場合は、出来ればどこかのタイミングで何時間後に効果が出るのかの測定をしてみて欲しいですね。

例として6時間後に効果が出るタイプだった場合は、6時間後にはシャッキリして居られる訳なので、6時間前にコーヒーを飲めば良かったりする訳です。

夜9時頃に眠くない状態になりたいと言う場合は、午後3時頃に飲んでおけば良いと言う事になるので、ある意味眠くなったら都度飲まなければならない普通の人よりも効率が良いと思います。

全くコーヒーの効果を期待出来ない!と言う人は、この時間差で効果を感じられる可能性があるので、是非効果を感じられるかも知れない時間を調べて、コーヒーを効果的に有効活用していく事をお勧めします。

また、コーヒーの効果が時間差で来るタイプの人の中には、継続して飲み続けているとその飲んだ分も時間差で持続して行くと言うパターンもあるそうなので、効果の持続時間も調べて行くと良さそうです。

因みに飲むコーヒーのタイプはブラックが一番効果出やすいそうなので、普段から砂糖やミルクを入れて不純物の多いコーヒーを飲んでいる人で効果をより期待したい人は、徐々にブラックに慣れる様に鍛錬して行くと良いかも知れません。

コーヒーを飲んでもすぐ目が覚めたりしない効果を全く感じられないと思っている人は、もしかすると数時間後の時間差で効果が出る場合もある事実もあると言う事を知っておいて欲しいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次