MENU
本サイトではプロモーションを含みます

田中佑汰(卓球)の家族!姉も元実業団で親(父親・母親)は転勤族?

  • URLをコピーしました!

世界卓球2024の団体戦メンバー入りを果たした田中佑汰(たなか・ゆうた)選手の家族について調べていくと、姉・千秋さんが元実業団所属の有名美人アスリートだったことが判明しました。

親が転勤族で引っ越しばかりの人生だった?と噂されることも多い田中佑汰選手なので、まずは姉や父親・母親など詳しい家族構成を詳しくチェックしていきましょう。

目次

田中佑汰(卓球)の家族構成

田中佑汰選手の家族構成は「父親・母親・姉・本人」の4人です。

田中佑汰の家族構成

父親:名前不明
母親:名前不明
長女:千秋(ちあき)
長男:佑汰(ゆうた)

北陸地方がフランチャイズのTリーグ・金沢ボートに在籍している田中佑汰選手ですが、生まれ故郷は熊本県熊本市で、中学から愛知県の学校(愛工大附属中学→愛工大名電高校→愛知工業大学)に通っていました。

幼少期の頃の実家は熊本県にあったものの、家族そろって愛知県に引っ越した可能性が高いので、2024年現在の実家は愛知県内にあるのでは?と予想しています。

田中佑汰(卓球)の姉は元実業団

田中佑汰選手の姉・千秋さんは元実業団所属の卓球選手で、現役引退後は豊田自動織機の卓球チームコーチを務めています。

姉・千秋のプロフィール

名前田中千秋(たなか・ちあき)
生年月日1996年(平成8年)2月14日
年齢28歳(2024年2月時点)
出身地佐賀県
出身中学千葉市立千城台南中学校
出身高校愛知みずほ大学瑞穂高校
出身大学早稲田大学(スポーツ科学部)
好きなタイプ菅田将暉

弟・田中佑汰選手と同じ右利きのシェイクハンドの戦法を貫いていた姉・田中千秋さん。

早稲田大学卓球部の公式ホームページの情報によると、好きなタイプが菅田将暉さんだということだけでなく、出身地が佐賀県と掲載されていました。

早田ひな選手が優勝した全日本卓球2020女子シングルスでベスト16入りを果たしている姉・千秋さんですから、弟・田中佑汰選手に負けず劣らずの実力者なのは言うまでもないですよね。

元実業団で現在は卓球コーチ

「豊田自動織機に入社した時に、自分の中で4、5年でラケットを置くというのは決めていました。」

引用:卓球王国

早稲田大学を卒業した後、実業団チームの豊田自動織機に加入した姉・千秋さんでしたが、長く現役を続けるつもりはなかったようで、2023年3月をもって第一線から退きました。

実業団時代にはチームの主将を務めていて、統率力が秀でていたこともあり、姉・千秋さんが現役引退後に豊田自動織機卓球チームのコーチに抜てきされ、後進の指導に力を注いでいます。

田中佑汰(卓球)の親(父親・母親)は転勤族?

田中佑汰選手の父親と母親の名前や年齢は分かっていません。

ただ、ネット上で田中佑汰選手の情報を探っていくと、親の仕事の影響で全国各地を渡り歩く転勤族だったことが判明しました。

「親が転勤族だったこともあり、幼少期は佐賀、福岡、千葉、熊本と全国を転々としていました。」

引用:Rallys

両親が2人とも転勤族という可能性は極めて低いので、母親は専業主婦で、父親は転勤が多い有名企業の社員なのでは?と予想しています。

転勤族の父親がいる場合でも単身赴任で他の家族は実家に残るケースもありますが、田中佑汰選手の場合は家族そろって転勤先に引っ越す流れだったようですね。

田中佑汰(卓球)の家族エピソード

田中佑汰選手の家族エピソードを掘り下げていくと、卓球を始めるきっかけを与えてくれた姉・千秋さんの引退試合で混合ダブルスを組むなど、心温まる話が次々に出てきました。

姉の背中を追う形で卓球にのめり込む

「姉は実業団で活躍し、2023年3月に現役を引退した田中千秋さんで、田中選手は姉の影響で卓球を始めました。」

引用:スポニティ卓球

親の影響で卓球を始めるケースも少なくない中、田中佑汰選手は姉・千秋さんの背中を追う形で卓球の魅力にどんどんのめり込んでいったようです。

田中佑汰選手と姉・千秋さんは4学年差がありますから、互いの練習パートナーとしてうってつけだったはずですし、姉・千秋さんに追いつき追い越せの精神で練習に打ち込んだ結果、日本を代表する卓球選手に成長していきました。

姉の引退試合で姉弟ダブルス実現

「弟はシングルスに重きを置きたいタイプなので、2017年度大会で組んだのを最後にずっと断られていました。だけど、私が今年で引退するということを伝えたら、『最後だから良いよ』って言ってくれたんです。」

引用:卓球王国

全日本卓球2023の混合ダブルスで準優勝を果たしている姉・千秋さんですが、相方を務めたのが弟・田中佑汰選手で、現役引退前に姉弟ダブルスが実現しました。

シングルスでの結果に強いこだわりがあったものの、姉の引退試合という節目に良い成績を残すべく、田中佑汰選手は混合ダブルス出場を決意し、見事2位になって有終の美を飾ったのです。

まとめ

田中佑汰選手(卓球)は4人家族で、姉・千秋さんは元実業団(豊田自動織機)の卓球選手ということが分かったものの、父親が転勤族ということぐらいしか親の情報は出回っておらず、母親の名前すら不明でした。

惜しくもパリ五輪2024への出場は逃してしまいましたが、現役引退した姉・千秋さんなど家族の支えを受けながら、更なる飛躍を誓う田中佑汰選手の活躍にどうぞご注目ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次