MENU
本サイトではプロモーションを含みます

高橋彰太(法政大)の死因は腎機能が低下する病気!経歴や箱根駅伝の実績は?

  • URLをコピーしました!

高橋彰太(たかはし・しょうた)さんは法政大の現役駅伝ランナーでしたが、腎機能が低下する病気が死因となり、亡くなったという衝撃的なニュースが飛び込んできました。

箱根駅伝2024開催を目前に控えた中、シード権争いの有力チームでもある法政大に悲劇が訪れていますよね。

今回は急逝した高橋彰太さんの箱根駅伝の実績などwikiプロフィールを総まとめしながら、経歴を振り返っていきます。

目次

高橋彰太(法政大)のwikiプロフィール

2003年生まれで年齢20歳の高橋彰太さんは法政大のスポーツ健康学部・スポーツ健康学科に通っていたことがwikiプロフィールを調べる過程で判明しました。

wikiプロフィール

名前高橋彰太(たかはし・しょうた)
生年月日2003年
年齢20歳
出身地宮城県
専門種目1500m、5000m、10000m

高橋彰太さんの詳しいwikiプロフィールは非公表になっていますが、2023年時点で年齢20歳ということが分かっているので、生年月日は2003年4月から2003年12月までと確定しています。

亡くなるまでの流れ

高橋彰太が亡くなるまでの流れ

・2023年8月、酷い足のむくみを訴え入院
・坪田智夫監督(法政大)が連絡を受けてから10日後に急逝
・2023年10月の出雲駅伝に出場する予定だった

亡くなった日付は一切明かされていませんが、高橋彰太さんは2023年10月の出雲駅伝出場へ向けて懸命にトレーニングをしていたものの、2023年8月に足のむくみが酷くなったことを受けて緊急入院していました。

法政大駅伝部の坪田智夫監督は高橋彰太さん本人からLINEで入院の知らせを受け取り、回復を願っていましたが、連絡を受けてからわずか10日後に帰らぬ人となり、チームに衝撃が走ったのです。

高橋彰太(法政大)の死因は腎機能が低下する病気!

死因は腎機能が低下する病気だと公表されているものの、高橋彰太さんが急逝したのはコロナワクチンの影響?遺伝?など様々な噂が飛び交っています。

コロナワクチンの影響?

「頻度は非常に低いとはいえ、COVIDワクチンの接種後に原因不明の血栓症を発症する人がいる。」

引用:natureダイジェスト

高橋彰太さんは入院後に血栓ができてしまい、容体が急激に悪化したことが死因につながっているため、コロナワクチンを接種したから血栓ができやすい体質になっていた?と噂されています。

腎機能低下の病気とコロナワクチンの因果関係をハッキリと証明するのは難しくなっているものの、健康体だった高橋彰太さんが急に亡くなった背景には何がある?と勘繰りたくなる気持ちも理解できますよね。

遺伝の影響?

「両親のどちらかが多発性嚢胞腎であると50%の確率で遺伝しますが、家族に多発性嚢胞腎の方がいなくても遺伝子の突然変異で起こることもあります。」

引用:東京新橋透析クリニック

高橋彰太さんを死に追いやった腎機能低下などの病気は両親からの遺伝で発症するケースも多く、高橋彰太さんの父親か母親が腎不全の持病を持っていたとすれば、遺伝の影響で急死した可能性も十分あるのではないでしょうか。

高橋彰太(法政大)の経歴や箱根駅伝の実績は?

古川東中学校から東北高校へと進み、法政大に合格している高橋彰太さんは、箱根駅伝での実績こそないものの、関東インカレへの出場を果たすなど、上々の経歴を誇っていました。

高橋彰太の経歴と実績

・学歴は「古川東中学校→東北高校→法政大学」
・高校のインターハイ男子1500mへの出場歴あり
・関東インカレに2年連続出場
・箱根駅伝など大学三大駅伝にはエントリーされなかった

法政大学に進んでからは全国規模の大会には出場していなかった高橋彰太さんですが、東北高校時代にはインターハイの男子1500mに登場するなど、輝かしい経歴を持っています。

腎機能が低下する病気に襲われていなければ、箱根駅伝2024のメンバー10人に入るぐらいの実力があったはずですし、志半ばでこの世を去った高橋彰太さんの無念な気持ちを考えると、やりきれない思いになりますよね。

まとめ

高橋彰太さん(法政大)の死因は腎機能が低下する病気で、コロナワクチンの影響?遺伝の影響?など色々な噂が飛び交っている状況です。

東北高校の頃のインターハイに出場するなど、上々の経歴・実績を誇っていた高橋彰太さんでしたが、箱根駅伝を駆け抜ける夢を果たせないまま、天国に旅立ってしまいました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次