MENU
本サイトではプロモーションを含みます

北口榛花はハーフやクォーターの国籍?父親や母親の旧姓も調べてみた!

  • URLをコピーしました!

2023年の日本陸連年間最優秀賞をゲットした女子やり投げの北口榛花(きたぐち・はるか)選手。

世界陸上の金メダリストで、紅白歌合戦の審査員にも選ばれた北口榛花選手ですが、かわいい!と評判になる一方、ハーフ?クォーター?など国籍がどこなのかを調べる動きが加速していますよね。

今回は北口榛花選手の父親と母親の旧姓など国籍の特定につながるような情報を整理していきながら、最新の話題をどんどん掘り下げていきます!

目次

北口榛花はハーフ・クォーターの国籍?

ズバリ、北口榛花選手はハーフでもなければクォーターでもなく、日本国籍を持つ純日本人です。

顔立ちも日本人っぽい北口榛花選手がなぜハーフ?クォーター?と疑われてしまったのかを調べてみました。

北口榛花の国籍に疑惑が出た理由

国籍の疑惑が出た理由①体格が凄い
国籍の疑惑が出た理由②規格外のパワー
国籍の疑惑が出た理由③チェコ留学

国籍の疑惑が出た理由①体格が凄い

北口榛花選手は身長179cm・体重86kgという体格の持ち主で、20代後半の日本人女性の平均的な体格(身長157.9cm・体重53.4kg)をはるかに上回っていますよね。

普通の日本人女性とは体格が違いすぎるから、ハーフかクォーターの血を継いでいるんじゃないの?と誤解してしまう人が続出しています。

国籍の疑惑が出た理由②規格外のパワー

世界陸上2023で金メダルを獲得しただけでなく、前年の世界陸上2022でも銅メダルを獲得した北口榛花選手なので、規格外のパワーを持ち合わせているのは当然ですよね。

陸上の日本人選手が苦手にしてきた投てき種目のやり投げで世界の頂点に立ったものの、パワーが凄すぎるから純日本人じゃないだろう?と疑われてしまったケースも存在しています。

国籍の疑惑が出た理由③チェコ留学

北口榛花選手は2019年2月から3月までの1ヶ月間、たった1人でチェコ留学を敢行しています。

やり投げ選手としての殻を破るため、単身の海外留学を行った北口榛花選手ですが、海外を拠点にしているのはハーフやクォーターが多いという認識を持つネット民も少なくなく、国籍を誤解する人が出てきてしまいました。

北口榛花の家族構成

家族構成は「父親(幸平さん)・母親(規子さん)・本人(北口榛花)」の3人で、兄弟姉妹の存在は確認されていません。

世界陸上2023の金メダリストとなり、知名度が爆上がりした北口榛花選手なので、兄弟姉妹がいればすぐに特定されるはずですよね。

ただ、両親に北口榛花選手以外の子供がいるという情報は一切出てきていませんから、北口榛花選手は兄弟姉妹なしの一人っ子で育ったということになります。

北口榛花の父親はパティシエ

父親・北口幸平(きたぐち・こうへい)さんは「アートホテル旭川」にて製菓料理長に抜てきされている現役のパティシエです。

父親の仕事っぷりは?

北口榛花選手のことをとびっきり愛でている父親・北口幸平さんは、娘が国内外の大会で活躍した際、オリジナルのスイーツを作り上げていて、製菓料理長を務める「アートホテル旭川」のお客さんに振る舞っているのです。

「北口榛花選手の父で、パティシエの幸平さんが製菓料理長を務める旭川市内のホテルでは、金メダル獲得を祝って幸平さん特製の洋菓子が販売され、多くの市民が買い求めています。」

引用:NHK

故郷の北海道旭川市では北口榛花選手に対する声援が一際大きい印象がありますが、父親・北口幸平さんの存在も娘のファン増加に影響を与えているのは間違いないでしょうね。

「榛花」の由来は?

「北口選手の名前、榛花に使われている「榛」=ヘーゼルナッツをふんだんに用いたエクレアがショーケースに並べられました。」

引用:NHK

「榛花(はるか)」と命名したのは父親・北口幸平さんで、漢字でヘーゼルナッツを意味する「榛(ハシバミ)」が由来となっていることが分かりました。

パティシエという仕事だったからこそ、娘の北口榛花選手に素敵な名前をつけられたのでしょうし、心地いい名前に仕上げているのもさすがですよね。

北口榛花の母親の旧姓や職業は?

母親・北口規子(きたぐち・のりこ)さんの旧姓は分かっていませんが、職業は元バスケットボール選手で、娘・北口榛花選手は母親の運動能力の高さを上手く引き継いだみたいですね。

母親の旧姓は?

残念ながら、母親・北口規子さんの旧姓は特定されていません。

パティシエの夫・北口幸平さんと結婚する前の情報がほとんど出回っておらず、旦那との馴れ初めも分かっていない儒教なので、続報に期待したいところですね。

母親の職業は?

身長172cmの母親・北口規子さんの職業は元バスケットボール選手で、実業団のENEOS(旧:共同石油)のコーチを務めた経験があり、現在は専業主婦をしている模様です。

女子バレーボール・長岡望悠(ながおか・みゆ)選手と母親・北口規子さんがそっくり!と娘・北口榛花選手が自身のX(Twitter)でコメントしているので、若い頃の母親・北口規子さんも相当な美人だったようですね。

まとめ

北口榛花選手はハーフ?クォーター?と噂になっているものの、国籍は日本で、パティシエの父親・北口幸平さんや母親・北口規子さんも純日本人だと判明しました。

元バスケットボール選手の母親・北口規子さんの旧姓は分かりませんでしたが、常日頃からポジティブな振る舞いをしている北口榛花選手の両親であるならば、きっと明るい性格なのでしょうし、実家では穏やかな毎日を過ごしていたのでしょうね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次