MENU
本サイトではプロモーションを含みます

佐藤圭汰の家族構成に学歴は?5000mと10000mの記録や自己ベストも

  • URLをコピーしました!

5000mと10000mの記録・自己ベストをどんどん更新していて、パリ五輪2024日本代表入りも夢じゃない駒澤大学の佐藤圭汰(さとう・けいた)選手。

陸上界のライジングスターとして注目を集めている佐藤圭汰選手のルーツを探るため、家族構成はもちろん、学歴や愛用しているシューズなど様々な話題を掘り下げていきます。

目次

佐藤圭汰の家族構成は3人!

父親と母親以外の情報が不明なため、佐藤圭汰選手は兄弟がいない3人家族構成の可能性が高まっています。

佐藤圭汰の家族構成は?

・父親は元陸上選手
・父親は佐藤清治?佐藤敦之?と噂に
・母親は専業主婦?
・兄弟はいるの?

父親は元陸上選手

佐藤圭汰の父親はどんな人?

・名前は非公表
・高校時代に1500m種目で活躍していた
・佐藤圭汰が陸上にハマるきっかけを与えた
・学歴や高校卒業後の進路も不明

名前や年齢、学歴、所属先など詳しいプロフィールが一切明らかになっていないので、佐藤圭汰選手の父親は陸上で大きな成果をあげた人物ではないみたいですね。

ただ、親子そろって陸上大会を観戦した時に「国際舞台で勝負できる陸上選手になってくれ!」と父親から発破をかけられたことが佐藤圭汰選手のルーツになっていたことが判明しています。

父親は佐藤清治?佐藤敦之?と噂に

順天堂大学陸上部のOBで、都道府県対抗駅伝の鹿児島県代表にも選ばれていた元陸上選手・佐藤清治さんが父親なのでは?と噂されていました。

https://twitter.com/Ryo504/status/1416363547559227394

2人は何の血縁関係もないものの、佐藤清治さんが保持していた高校男子1500mの記録を佐藤圭汰選手が更新する偉業を成し遂げていて、因縁めいた関係性ではあるようですね。

名字が同じという点だけでなく、ハーフマラソンの元日本記録保持者でもある佐藤敦之(さとう・あつし)さんが父親説も浮上していました。

2人の年齢差が「25」なので、本物の親子でも不思議ない状況ですが、佐藤敦之さんは結婚した妻との間に子供がいないことが確定していますから、佐藤圭汰選手との血縁関係はないと判断すべきでしょう。

母親は専業主婦?

佐藤圭汰の母親は?

・名前や年齢は非公表
・陸上選手だった形跡はなし
・専業主婦で家族を支えている可能性大

佐藤圭汰選手の母親は特定は進んでおらず、メディア取材を受けた過去もありませんでした。

「高校生までは生活などが両親に頼りきりになってしまっていた」

引用:コマスポ

駒澤大学で発行されている「コマスポ」のインタビューにて、佐藤圭汰選手は両親に頼ってばかりだった自分の過去を反省するコメントを出していたため、母親は専業主婦で家庭をサポートする立場だったのでは?と予想しています。

また、佐藤圭汰選手が高校の進路を決める際、会談に母親が同席していた!?という噂も出回っており、参観日など学校行事には専業主婦の母親が顔を見せていたようですね。

兄弟はいるの?

兄弟姉妹の存在は確認されていません。

黄金期を迎えている駒澤大学駅伝チームの支柱になっている佐藤圭汰選手に兄弟姉妹がいるのであれば、何かしらの情報が出てくるはずですよね。

駅伝中継の中でも兄弟姉妹の存在を匂わすようなコメントが出ていないことを踏まえると、佐藤圭汰選手は兄弟なしの一人っ子なのだと思います。

佐藤圭汰の学歴まとめ(小学校・中学校・高校)

学歴は「京都市立蜂ケ岡中学校→洛南高校→駒澤大学」で、佐藤圭汰選手が通っていた小学校の特定は進んでいませんでした。

佐藤圭汰の学歴は?

・小学校はどこ?
・中学校でジュニアオリンピック優勝
・高校は駅伝の超名門に進学

小学校はどこ?

「本格的に始めたのは小学3、4年生頃。京都市の有名な陸上グラブに入り、小学5年生から陸上部に入り始めた」

引用:コマスポ

生まれ故郷の京都市内に住んでいたそうですが、どこの小学校出身なのかは佐藤圭汰選手も明かしていません。

名門私立校に通っていたのであれば、すぐに身バレしちゃうはずなので、 佐藤圭汰選手は京都市内にある公立小学校を卒業している可能性が高いのではないでしょうか。

中学校でジュニアオリンピック優勝

京都市立蜂ヶ岡中学校時代に頭角を現した佐藤圭汰選手は、中学3年でジュニアオリンピック優勝など輝かしい実績を残しました。

中学時代の実績

・ジュニアオリンピック1500m男子で金メダル
・京都府代表として出場した「都道府県対抗駅伝」6区で区間2位の激走
・全中(全国中学校体育大会)1500m男子で3位

ジュニアオリンピックでの活躍はもちろん、各世代のトップランナーしか出場できない都道府県対抗駅伝の京都府中学生代表に選ばれると、6区で全体2番目に速いタイムを記録し、高い実力を示しました。

高校は駅伝の超名門に進学

ジュニアオリンピック金メダリストの佐藤圭汰選手は全国屈指の駅伝強豪校・洛南高校へと進学しました。

高校時代の実績

<高校1年>
全国高校駅伝の2区区間賞

<高校2年>
伊那高校駅伝の4区区間賞でチーム優勝に貢献
全国高校駅伝の5区で日本人選手1位の走破時計
※先着を許したのはすべて外国人留学生

<高校3年>
日体大長距離競技会5000mで日本人選手で最先着となる5位
京都陸協記録会3000mで1位となり、高校男子日本新記録を樹立
ホクレン千歳大会1500mで2位(歴代3位の好タイム)
全国高校駅伝の3区で日本人選手1位で、チームの総合2位に貢献

高校3年間すべてで全国高校駅伝に出場しており、すべて上位の結果を残してきた佐藤圭汰選手は、中学時代の成績が高く評価されたため、中高一貫校の洛南高校に外部進学という形で入っています。

母親が高校進学の時の会談に同席していたのですが、授業料が高額な私立校への外部進学となると、親御さんも色々な心配が浮上したはずなので、疑問点を解消するために母親は奮闘していたようですね。

佐藤圭汰の5000mと10000mの記録や自己ベスト

「5000m:13分22秒91、10000m:27分28秒50」という自己ベストを持っている佐藤圭汰選手ですが、八王子ロングディスタンスという大会で10000mの記録を更新するなど、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍し続けています。

佐藤圭汰選手が最も得意にしている10000mでは学生歴代2位となる「27分28秒50」の自己ベストがあり、5000m「13分22秒91」も20歳以下の日本記録にランクされています。

10000mよりも少し長い距離になると、パフォーマンスを落とす傾向にあるため、20km超のコースばかりの箱根駅伝2024で佐藤圭汰選手が新しい可能性を示せるのかどうか?という点に注目が集まりますね。

佐藤圭汰が愛用しているシューズ

愛用しているメーカーは「On」で、「Cloudboom Echo 3」というシューズで試合に臨んでいます。

佐藤圭汰が愛用するシューズは?

・「On」はスイス発のランニングシューズメーカー
・「衝撃吸収システム」で世界初の特許技術を取得
・出雲駅伝2023出場時から「Cloudboom Echo 3」を愛用

佐藤圭汰選手が大会で履いている「Cloudboom Echo 3」は定価32780円の代物で、カーボン仕様になっています。

215グラムの軽いシューズということだけでなく、靴底がしっかりしていて、両足にダメージが残りにくいため、長い距離を走るアスリートが重宝するようになっているようですね。

ただ、170km程度(42.195kmのフルマラソン4回分)走り続けると、靴底が脆くなってしまい、ダメージ軽減の効果が薄れてしまうところが弱点とされています。

よって、佐藤圭汰選手は重要な大会を終える度に新しい「Cloudboom Echo 3」を入手して、調整に入っていく、というルーティンを繰り返しているのではないでしょうか。

佐藤圭汰のwikiプロフィール

身長184cmで京都府生まれの佐藤圭汰選手のwikiプロフィールを確認するのはもちろん、駒澤大学ではなく、早稲田大学に進学予定だった?と噂されている件について検証していきます。

身長などwikiプロフィール

名前佐藤圭汰(さとう・けいた)
生年月日2004年(平成16年)1月22日
年齢19歳(2023年12月時点)
出身地京都府京都市
身長184cm
体重67kg
大学駒澤大学経済学部経済学科
専門種目1500m、3000m、5000m、10000m

華奢な選手が多い陸上界ですが、佐藤圭汰選手は身長184cm・体重67kgという恵まれた体格を活かす形での豊富なスタミナと瞬発力の凄さを武器にしており、駅伝のエリートが集結する駒澤大学の絶対的エースに君臨しています。

佐藤圭汰の大学駅伝の実績

<大学1年>
出雲駅伝2区:15分27秒(区間新記録樹立)
全日本大学駅伝2区:31分13秒(区間2位)
箱根駅伝:胃腸炎で欠場

<大学2年>
出雲駅伝2区:16分08秒(区間賞)
全日本大学駅伝2区:31分01秒(区間新記録樹立)

出雲駅伝と全日本大学駅伝の両方で区間記録を保持している佐藤圭汰選手ですが、意外にも箱根駅伝への出場歴はありません。

2023年の箱根駅伝は駒澤大学は他チームを寄せ付けない圧巻のレース運びで優勝していたものの、佐藤圭汰選手は胃腸炎を患ったため、欠場を余儀なくされていました。

大学2年生の立場で臨む箱根駅伝2024には事前エントリーにしっかりと名前がありますから、怪我や病気のアクシデントさえなければ、エースが集結する華の2区で大勝負をかけてくれることでしょう。

早稲田に進学するつもりだった?

ネット上で佐藤圭汰選手に関する情報を集めていた中、「佐藤圭汰 早稲田」というワードが検索上位に来ていたため、駒澤大学じゃなくて早稲田大学に進学したかったのでは?と噂されています。

「オリンピックや世界陸上に出場したいという思いが強くあった。特にトラック種目に力を入れたいと思っている。それを考えた時、駒大であれば世界を目指す上で一番良いと思った。」

引用:コマスポ

洛南高校の頃から国際舞台への憧れが強かった佐藤圭汰選手は、世界を目指すなら駒澤一択!という気持ちがあったようなので、早稲田大学に進学するつもりはなかったかと思います。

まとめ

佐藤圭汰選手(駒澤大)の家族構成は両親を含んだ3人で、元長距離選手の父親の影響を受ける形で陸上にどんどんのめり込んでいきました。

170km走ると効果が薄れてしまう、という貴重なシューズ「Cloudboom Echo 3」を愛用しながら、世界で戦うための準備を進めている未来のオリンピアン・佐藤圭汰選手の更なる活躍に期待が高まりますね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次