MENU

寒いので温かい飲み物をやたらと飲んでしまうのでトイレが近くなるけど、何か乾燥した固形物を食べてから飲めばそんなに近くならない

  • URLをコピーしました!

最近、多くの人が欲しいと願ってやまなかったお湯、つまり白湯のペットボトル飲料が発売されて助かったと言う人は多い事でしょう。

冷たい水のペットボトル飲料は昔から会ったのに、何故?今の今まで白湯のペットボトル飲料が出ていなかったのかと、不思議に思っていたものでした。

多分、暖かい飲み物はお茶やコーヒーなどに限られると言う固定概念がずっと付きまとっていて、その概念を取っ払うのに時間がかかったと言う事なのでしょう。

と言う訳で、昨年末頃から白湯も気軽にコンビニなどで買えるようになったのですが問題は、寒いのでつい熱い飲み物をたくさん飲んでしまうと言う点だったりするのです。

熱い飲み物を飲むのがどうしてそんなに問題なのか?と言うと、毎日何度も熱い飲み物を飲んでいる人なら分かると思いますが、夏よりもトイレに行く回数が多いと言う点だと思います。

夏は熱中症対策の観点から冬よりもかなりの量の水分を補給しているのですが、汗をかいてしまったり熱を冷やす効果を担っている所為なのか、結構な量を飲んでいるのにトイレに行く頻度がかなり少なかった印象があるのです。

それに対して寒い時期に熱い飲み物を飲む場合は、飲んで胃袋に温かい感覚を感じられた後に身体全体にその温かさが循環して身体を温め終わると、かつて熱かった飲み物であった水分は排出されて行くしか道が無いと考えられるでしょう。

コタツに入り過ぎていたり暖房に当たり過ぎて身体が全体的に乾燥していたと言う状況で飲んだ場合は、水分は乾燥していた身体を潤すのに使われてい行くのでそんなに早くトイレに行きたい感覚を催す事は無いと思いますが、そうではない場合は予想外の速度で行きたくなっていくのです。

特に暖房を使っていなくて厚着と熱い飲み物だけで寒さをしのいでいると言う場合は、特にトイレの近さをかなり実感すると思います。

何度もトイレに出かけて行くと言う事は、せっかく暖まった身体を寒いトイレに運んでしまうと言う事になる=身体を冷やしに行くと言う事になるので、だったら飲み物はなるべく飲まない様にしようと思うかも知れませんが、あまり水分を摂らないでいると今度は脱水症状にもなりやすくなるのが悩ましい所だったりするのです。

しかし、飲み物を飲む時に乾燥しているお菓子などの食べ物を食べれば、ある程度はトイレに行くタイミングを遅らせる事が可能です。

お腹の中に固形物を入れると水分はその固形物の消化に立ち会うと言うか、乾燥していた食べ物に水分を吸収されるので、それでトイレタイミングを遅らせる事が出来るのです。

これからまだまだ寒い日が続いて熱い飲み物を口に運ぶ時間も増えると思いますが、その時には何かしら乾燥気味の固形物を食べながら飲む様にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次