MENU
本サイトではプロモーションを含みます

【オリックス3位】東松快征(享栄)の父親は重量挙げ選手でチャンピオン!兄弟や母親もすごい?

  • URLをコピーしました!

東松快征(とうまつ・かいせい)投手の父親が重量挙げ選手のチャンピオンだったって本当?兄弟や母親もすごい経歴?など気になる話題を総まとめ。

最速152キロのストレートが魅力の本格派左腕・東松快征投手はドラフト会議2023で上位指名濃厚とされていますが、育った環境を探るため、まずは家族構成について見ていきましょう。

目次

東松快征の家族構成

東松快征投手(享栄)の家族構成は4人で、3歳年上の兄がいることや実家の場所は生まれ故郷の愛知県東海市にある可能性が高くなっています。

東松快征の家族構成

・家族構成は「父親・母親・兄・本人(東松快征)」の4人
・2人兄弟で3歳年上の兄がいる
・実家は愛知県東海市?

プロ入り間近の高校球児とはいえ、東松快征投手は一般人に近い扱いになっていますから、家族構成は非公表かな?と思っていましたが、4人家族だったという情報が出回っていました。

両親はもちろん、東松快征投手には3歳年上の兄が1人いることも判明しているので、2人兄弟で育ったことになりますよね。

実家の場所については諸説ありますけど、出身地を愛知県東海市と公表している以上、東松快征投手の実家は愛知県東海市にある、と考えるのが自然ではないでしょうか。

さらに家族に関する情報を掘り下げていくと、東松快征投手の父親が重量挙げ選手で、チャンピオンに輝いたことがある、という気になる話題をキャッチしました。

東松快征の父親は重量挙げ選手でチャンピオン!

東松快征投手(享栄)の父親・宏典さんは元重量挙げ選手でチャンピオンになったことがある実力者で、実家にはバーベルなどのトレーニング器具がそろっているそうです。

東松快征の父親

・父親の名前は「宏典」
・重量挙げ選手として活躍し、チャンピオンに輝いたことも
・父親の現役時代のトレーニング器具を活用し球速上昇?

父親・宏典さんの詳しい経歴は不明ですけど、かつて重量挙げ選手として活躍していたようで、大会チャンピオンに輝いた実績を持つことが判明しています。

「父親が重量挙げの日本チャンピオンだったこともあり、自宅にはバーベルなどの器具が揃っていた。東松は高校入学時からトレーニングに励み、今ではスクワット150キロ、デッドリフト210キロまで持ち上げられるようになった。」

引用:Sportiva

東松快征投手の実家は父親・宏典さんが現役時代に使用していたバーベルなどのトレーニング器具が取り揃っているそうで、東松快征投手も常日頃から筋力トレーニングをしていたようですね。

腕の振りの強さと足腰がしっかりしているところが東松快征投手の評価ポイントになっていますが、毎日のように重量挙げ選手と同じ器具を使ってトレーニングしていたからこそ、最速152キロのストレートを投げられるようになったのかもしれません。

続いては、東松快征投手の兄弟について調査を進めた結果、父親・宏典さんと同様に重量挙げ選手として活躍していて、愛知学院大学に在学していることも判明しました。

東松快征の兄弟の大学は?重量挙げ選手

東松快征投手(享栄)の兄弟は3歳年上の兄・佑征さんがいて、愛知学院大学総合政策学部総合政策学科に通っている重量挙げ選手で、階級は男子83kg級ということが分かっています。

東松快征の兄弟

・兄の名前は「佑征」
・愛知学院大学総合政策学部総合政策学科の3年生
・2022年の中部学生秋季パワーリフティング選手権大会(男子83kg級)で準優勝

兄・佑征さんは野球をやっていないようで、父親・宏典さんと全く同じ重量挙げ選手として今もなお活躍しています。

通っている大学は愛知学院大学の総合政策学部総合政策学科(偏差値42~45)の兄・佑征さんは、2022年の中部学生秋季パワーリフティング選手権大会(男子83kg級)で2位に入るなど、愛知県内有数のリフターとして知られていました。

兄・佑征さんの活躍は東松快征投手にとっても大きな刺激になったはずですし、違うスポーツをやっている中でも兄弟で切磋琢磨していって、国内トップレベルの域まで達してもらいたいですね。

最後に、東松快征投手の母親についてリサーチしたところ、元スポーツ選手ではないようですが、料理で家族の活躍をサポートしていて、享栄高校野球部のコーチ始動の下、オリジナルの食事スケジュールで健康管理をしているそうです。

東松快征の母親は料理でサポート

東松快征投手(享栄)の母親・真由美さんは料理でサポートすることに徹していて、プロ野球選手になるための体づくりをアシストする食事メニューを毎日作りつづけていています。

東松快征の母親

・母親の名前は「真由美」
・ラーメン丼1.5杯分の食事を毎日作っている
・享栄野球部コーチ立案のメニューを忠実に再現

愛工大名電、中京大中京、東邦と並ぶ「私学4強」のうちの1校・享栄高校の絶対的エースとして活躍した東松快征投手の活躍をアシストしたのは母親・真由美さんだったといっても過言ではありません。

普通の高校生よりもよくご飯を食べる東松快征投手は、ラーメン丼1.5杯相当の料理を毎日摂取していて、栄養バランスを考慮したメニューを享栄高校野球部・中山凌志コーチから託されているとのこと。

たくさんの食事を用意するだけでも大変なのに、栄養バランスを無視することがNGという制限もかかった中、母親・真由美さんは東松快征投手の活躍のサポートに徹しているのです。

毎日ご飯を作ってくれている母親・真由美さんのためにも、プロ入り確実な東松快征投手は最大級の親孝行をしてもらいたいですね。

まとめ

東松快征投手(享栄)の父親・宏典さんは元重量挙げ選手でチャンピオンまで上り詰めたほか、兄弟は3歳年上の兄・佑征さん(愛知学院大学)もいて、中部地方の大会で準優勝の実績を残していました。

健康管理を担当する母親・真由美さんの努力もすごいもので、享栄高校野球部のコーチ直伝の食事メニューを毎日作り続け、東松快征投手の成長の後押しをしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次