MENU
本サイトではプロモーションを含みます

【大商大進学】真鍋慧(広陵)はハーフ?両親の家系に兄は野球選手で身長・出身のwikiプロフ

  • URLをコピーしました!

真鍋慧(まなべ・けいた)選手は広陵の中心打者だけどハーフって本当?両親の家系・出身をリサーチするのはもちろん、兄は野球選手で身長は?など家族の話題を含んだwikiプロフを総まとめ。

ドラフト会議2023で1位指名が有力視されている左の強打者・真鍋慧選手ですが、ネット上でハーフ説が浮上していますから、両親の家系や出身地を深掘りしていきましょう。

【追記】ドラフト会議2023でまさかの指名漏れを経験したものの、大阪商業大学へと進学し、2027年のドラフト会議での指名を目指します。

目次

真鍋慧(広陵)はハーフ?両親の家系

ハーフ説が浮上している真鍋慧選手ですけど、両親のうちどちらかが外国人という証拠が一切出てきていないので、日本人の家系で育った可能性が高くなっています。

真鍋慧はハーフ?両親の家系は?

・何故ハーフの噂?
・父親について
・母親について

何故ハーフの噂?

真鍋慧に何故ハーフ説が浮上?

・背の高さが日本人離れ
・顔立ちが東南アジアっぽい

アメリカ・メジャーリーグのホームラン王を獲得しているバリー・ボンズさんを彷彿とさせる身体つきだったこともあり、広陵高校野球部・中井哲之監督から「ボンズ」という愛称で呼ばれていた真鍋慧選手。

背の高さが日本人離れしているだけでなく、顔立ちがどことなく東南アジア系寄りだったので、ネット上では真鍋慧選手のハーフ説を唱える人が続出しています。

ただ、両親のどちらかが外国籍という情報が一切出ていない以上、ハーフの噂はウソ話の可能性が高く、真鍋慧選手は日本人の父親と母親の元で育ったのではないでしょうか。

父親について

真鍋慧の父親

・名前や年齢は不明
・真鍋慧が野球を始めたのは父親の存在が大きかった

ドラフト会議2023の注目の的になっている真鍋慧選手ですが、他の家族に言及したことがなく、父親の名前や年齢すら分かっていない状況です。

でも、真鍋慧選手が野球に打ち込むきっかけを与えたのが父親だったそうで、小さい頃に野球チームに所属する流れを作ってくれたようですね。

母親について

真鍋慧の母親

・名前や年齢など詳しいプロフィールは不明
・陰ながら息子を支援し続けている?

父親と同様に、真鍋慧選手の母親の特定につながりそうな情報が1つも出てきていないので、名前や年齢は不明とさせていただきます。

野球場などで母親の目撃情報も存在していないことを踏まえると、真鍋慧選手の両親は息子の活躍を静かに見守る形に専念しているのかもしれませんね。

両親の特定はできませんでしたが、真鍋慧選手の兄の情報を深掘りしていくと、兄弟そろって野球をしているだけでなく、広島商業から法政大学に進んでいることが判明しました。

真鍋慧の兄は野球選手!

兄・真鍋駿選手は広島商業出身で法政大学に進学した後も野球を続けているようなので、弟・真鍋慧選手にとって良い刺激を与える存在だったのは間違いなさそうです。

真鍋慧の兄も野球選手

・兄の名前は「真鍋駿(まなべ・たけと)」
・広島商業から法政大学に進む
・野球部に所属していてポジションはサード
・身長180cm&体重80kgの大柄体型

兄・真鍋駿選手は広島商業野球部のキャプテンを務めたことがあり、2019年夏の甲子園に出場していましたから、弟・真鍋慧選手と兄弟そろって甲子園の土を踏んだことになります。

広島商業卒業後、東京六大学野球のうちの1つである法政大学文学部(偏差値57.5~65)に進学し、右投げ右打ちのサードとしてリーグ戦に出場する機会が多くなっている兄・真鍋駿選手。

弟・真鍋慧選手ほどではありませんけど、兄・真鍋駿選手も身長180cm・体重80kgの大柄な体格の持ち主ですから、法政大学を卒業した後の進路にも注目が集まりますね。

続いては、真鍋駿選手のwikiプロフを今一度チェックしていきますが、身長190cm・体重91kgのパワフルな体型で、実家は出身の広島県内にある可能性が高くなっています。

真鍋慧wikiプロフ

真鍋慧選手のwikiプロフをまとめると、出身地の広島県に実家がある模様で身長190cm・体重91kgの恵まれた体格を生かし、高校通算62本のホームランをかっ飛ばしています。

真鍋慧のwikiプロフ

生い立ち・経歴
身長体重
出身や実家

生い立ち・経歴

真鍋慧の生い立ちと経歴

・みどり坂小学校から瀬野川東中学に進み、広陵高校へ
・球技を始めたのは小学1年のソフトボール
・中学生の頃は広島安芸シニアで野球に打ち込む
・高校1年秋からレギュラーを奪取
・強打のファーストとして高校通算62本塁打を記録
・2023夏の甲子園は優勝した慶應高校に敗れる
・高校最終打席がバントだったことに賛否飛び交う

中国地方の野球エリートが集結する広陵高校に入学した直後からベンチ入りを果たしていた真鍋慧選手は、高校1年秋からファーストのレギュラーに抜てきされ、クリーンアップ(3番から5番)を任されていました。

高校生活で140本のホームランを記録した佐々木麟太郎選手(花巻東)には及びませんけど、真鍋慧選手も高校通算62本塁打をマークしているのですから、強打者として注目を集めるのは必然ですよね。

しかし、悲願の夏初優勝が期待されていた2023年夏の甲子園では優勝校の慶應高校(神奈川)に延長タイブレークで競り負け、3回戦敗退というまさかの結果に終わりました。

また、真鍋慧選手の高校最後の打席が送りバントだったことを受け、YoutubeやSNS上で物議を醸しましたが、後に中井哲之監督がバントのサインを出さなかったことを明かし、チームが勝つための最善策として自発的にバントを試みたことが判明しています。

身長体重

真鍋慧の身長と体重

・身長は190cm
・体重は91kg

身長190cm・体重91kgの真鍋慧選手は、2019年夏の甲子園に出場した49チーム全選手の平均身長(173.6cm)と平均体重(71.8kg)よりもはるかにボリューミーな体格をしています。

背が高すぎるがゆえに、守備面の不安が生じてしまい、ファースト以外のポジションができない、という弱点も抱えていますので、ネガティブな要素を自慢の打撃で払拭することが今後の真鍋慧選手の課題になるかもしれませんね。

出身や実家

真鍋慧の出身や実家

・出身地は広島県広島市
・みどり坂小学校付近に実家がある?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次