MENU
本サイトではプロモーションを含みます

河村勇輝の父親はバスケ指導者!両親と祖母や兄弟とのエピソードも

  • URLをコピーしました!

河村勇輝(かわむら・ゆうき)選手の父親がバスケ指導者って本当?両親が忙しい時に祖母の世話になっていた?兄弟は姉が2人いて、独特なエピソードが存在する?など気になる噂を徹底検証。

攻守のバランスが取れたバスケ日本代表の要・河村勇輝選手が生まれ育った環境を確認するため、何人家族なのかを調べてみたところ、両親と姉2人を加えた5人の家族構成だったことが分かりました。

目次

河村勇輝の家族は5人

家族構成は父親と母親に加え、2人の姉&本人の5人であることが判明していて、河村勇輝選手の母親と姉2人のプロフィールは特定されていません。

河村勇輝の家族

・父親、母親、長女、次女、本人の5人家族
・母親と姉2人の名前は非公表

バスケワールドカップ2023の主戦として更なる活躍が期待されている河村勇輝選手ですけど、父親と母親の両親の存在が確認されたのはもちろん、2人の姉がいることも分かっていて、河村勇輝選手は3人兄弟の末っ子であることが確定しています。

2023年8月現在、河村勇輝選手の母親と姉2人の特定につながる情報は出てきていませんが、バスケワールドカップ2023の後に家族を紹介する番組が放送される可能性もありますので、今後の展開に注目したいところですね。

河村勇輝選手の家族の情報を深掘りしてみたところ、父親の河村吉一さんはバスケ指導者として活躍しているほか、両親ともに学校の先生を務めていることが判明しています。

河村勇輝の父親はバスケ指導者!

https://twitter.com/SPARK_fujitv/status/1690675541584879616

父親の河村吉一さんは柳井中学校のバスケ指導者ですけど、スポ根丸出しの性格ではなく、息子・河村勇輝選手のオリジナリティを最優先に考えている人格者で、学校の先生をしている母親の年齢は40代~50代の可能性が高くなっています。

父親・河村吉一のプロフィール

名前河村吉一(かわむら・よしかず)
生年月日不明
職業学校の先生(柳井中学校)
担当教科英語

世界最高峰のバスケリーグ・NBAの試合観戦を趣味にしている父親・河村吉一さんは自分が好きなプレイヤーのサインをコレクションするのが生きがいになっているそうで、バスケ好きな父親の影響を強く受ける形で河村勇輝選手もバスケの魅力にのみ込まれていったようです。

https://twitter.com/FIBA/status/1048130147814187009

父親・河村吉一さん最大の推しは田臥勇太選手で、息子・河村勇輝選手と同じポジション(ポイントガード)を任されていることもあり、田臥勇太選手のプレースタイルを子供に継承すべく、VTR映像をたくさんチェックしていたみたいですね。

河村勇輝選手の出身校でもある柳井市立柳井中学校の現役の先生でバスケ指導者を担当している父親・河村吉一さんではありますが、スポ根丸出しの教育方針だったわけではなく、息子のオリジナリティを最優先するスタイルを徹底していたとのこと。

本気でバスケに打ち込む前の河村勇輝選手は父親・河村吉一さんと同じ学校の先生になることを夢見ていたことが分かっていますから、父親の存在は河村勇輝選手のターニングポイントになったのはほぼ間違いないでしょう。

両親の職業や年齢は?

両親の職業と年齢

・父親の河村吉一だけでなく、母親の職業も学校の先生
・両親の年齢は不明だが40代から50代と考えるのが自然

母親の名前は分かっていませんし、父親・河村吉一さんの年齢も公表されていませんけど、2023年8月現在の河村勇輝選手が22歳ということを踏まえると、両親は40代~50代の年齢と推測するのが自然ではないでしょうか。

また、父親・河村吉一さんと同じく、母親の職業も学校の先生であることが判明していて、柳井中学校勤務と特定されていないことから、母親や父親・河村吉一さんとは別の学校で教師として活躍しているようですね。

続いては、河村勇輝選手の兄弟について掘り下げていきますけど、3人兄弟の末っ子で姉が2人いることが分かっていて、山口県にある進学校出身で早稲田大学へと進学した?という噂が浮上しています。

河村勇輝の3人兄弟!姉が2人

https://twitter.com/jbasket_jp/status/1691025428373463040

3人兄弟で育った河村勇輝選手には姉が2人いて、父親並みにお手本になるくらいのインテリだったそうで、山口県内有数の進学校に進んだ後、首都圏の早稲田大学に合格したことが分かっています。

河村勇輝の兄弟

・2人の姉の詳しいプロフィールは非公表
・山口県内有数の進学校を卒業
・姉は2人とも早稲田大学に進学した模様

2人の姉の顔画像や名前といったプロフィールの詳細は不明ですが、河村勇輝選手が過去のインタビューで山口県内トップクラスの進学校に進んだことだけでなく、早稲田大学に進学したことも告白していました。

山口県の進学校トップ10

・徳山高校(偏差値71)
・山口高校(偏差値70)
・宇部高校(偏差値68)
・下関西高校(偏差値68)
・徳山工業高専(偏差値68)
・岩国高校(偏差値67)
・高水高校(偏差値64)
・慶進高校(偏差値62)
・防府高校(偏差値62)
・野田学園高校(偏差値61)

上記した山口県の進学校のいずれかを卒業した可能性が高くなっていて、早稲田大学に進んだ後の経歴は分かっていませんが、高学歴を活かす形で大企業に就職した、と考えているネット民が多数を占めています。

最後に、河村勇輝選手は祖母と超仲良しということが話題になっていたので、孫とおばあちゃんのエピソードを調査した結果、B1のMVPに選出された直後に祖母からのレターをもらって、涙を抑え切れなかったことが判明しました。

河村勇輝の祖母とのエピソード

父親・河村吉一さんだけでなく、祖母とも深いつながりがある河村勇輝選手は昔の思い出が詰まった手紙を手にした時に涙するなど、おばあちゃん子だったことがうかがえるエピソードが存在しています。

河村勇輝の祖母

・祖母の名前は不明だが、年齢は70代~80代か?
・B1の2022-2023シーズンMVPを獲得した後、祖母からの手紙で涙止まらず

祖母のプロフィールの詳細は公表されていませんけど、河村勇輝選手が22歳で父親の年齢が40~50代と予想されることを踏まえると、祖母の年齢は70代以上なのでは?と推測しています。

河村勇輝選手と祖母の仲の良さを垣間見えることができたのは2022-2023シーズンのB1でリーグMVPを獲得した時で、祖母が書いた手紙の中身を耳にした河村勇輝選手が思わず涙したのです。

父親と母親が学校の先生をしていて、かなり忙しかったこともあり、小さい頃の河村勇輝選手は祖母と時間を共にする機会が多く、練習の送り迎えを担当していたのが祖母だったことも明らかになっていて、河村勇輝選手の人生を語る上で絶対に欠かせない存在になっているようですね。

まとめ

河村勇輝選手の父親の名前は吉一さんで、今現在も中学バスケ指導者として存在感を発揮しているほか、両親は学校の先生をしている人格者で、祖母の手紙で感極まるなど、ほっこりするエピソードが見つかりました。

兄弟の名前は分かっていませんが、姉2人そろって偏差値の高い進学校に進んだことを河村勇輝選手自身が明かしているので、家族そろって文武両道を極めているのは間違いなさそうですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次